「玄米」と「白米」の違いは?

いつもご覧頂き誠にありがとうございます♪

本回は「玄米」について、一緒に再確認していきましょう!

何かと”健康的”や”白米を食べるよりは・・・”などと言われることがござますが、
実際にどのような部分を持って言われているのか知っておきたい所ですよね☆
例えばですが、コンビニのセブンイレブンでは現在、
『玄米塩むすび』と『塩むすび』が販売されています。
玄米は新発売みたいですね(^^)


今回はこちらの商品を題材にしてみます。

まずは成分表を見比べてみましょう。

<玄米塩おにぎり>
熱量:184kcal
タンパク質:3.6g
脂質:2.0g
糖質:35.7g
食物繊維:4.3g

<塩おにぎり>
熱量:170kcal
タンパク質:2.6g
脂質:0.6g
糖質:37.7g
食物繊維:1.4g

⇒カロリーが少し玄米の方が高いのは、白米よりタンパク質と脂質が若干入っている点が
 影響していますね。その他、糖質は白米の方が少し少ないですが、2~3g差とここも
 大差ではありません。

では、どこが大差となっているかは「食物繊維」量ですね!
グラム差は約3gですが、これはレタス一個分に含まれる食物繊維と同量なんです!
お通じの改善や腸内環境を良くしてくれる働きがあります。


その他、GI値(血糖値の上がり具合度)面みますと、
・玄米55
・白米88
ここでも大差が出ており、玄米の方が同じ量を食べたとしても、
血糖値の上りが小さく、中性脂肪の生成も少ないと言えます。


私個人的には、玄米の味と食感が好きなので、好んで食べますが、
「別に白米じゃなくてもいいかな?」と言う人やタイミングでは、
是非玄米のチョイスをお勧め致します♪



コンビニで今手に入る「ヘルシー商品」追加♪

いつもご覧頂き誠にありがとうございます♪

本回もおすすめのダイエット向け商品のご紹介です!

引き続きコンビニでも手に入るものです(^^)

『たこぶつ』

です☆

もうこれは本当に減量向け食材ですし、調理も不要で実践向きです!
※タコが嫌いな方には申し訳ございません。




一食時を最低限満足しようと考えた際、ポイントは、
・量(食べ応え)
・味(旨み)
・歯ごたえ(咀嚼感)
が大切です。

┗たこぶつ、の場合は特に「歯ごたえ」は非常にありますし、
 その他、旨みもあると感じられれば、使わない点はございません!

量に対して、金額はコンビニで買うとお高めにはなりますので、
可能であれば、スーパーでのご購入が最善です(^_^)



※成分表※商品1パック(たこ60g)あたり
熱量:64kcal
タンパク質:13.4g
脂質:0.5g
糖質:0.6g



今回ご紹介しました、コンビニで販売されている「たこぶつ」は一例でございますので、
ちょっと手間を加えられるなら、スーパーなどで茹でたこを購入し、
塩コショウでソテーするなども非常にお勧めです☆

今食べている”何か”を抜いて、その分を”たこ”に置き換えるだけで、
大幅カロリーカットに繋がるかも?!
もちろん”何を”抜くか、重要です♪

コンビニで今手に入る「ヘルシー商品」♪

いつもご覧頂き誠にありがとうございます♪

本回はおすすめのダイエット向け商品のご紹介です!

コンビニのセブンイレブンで現在販売されている

『鶏ささみの紀州南高梅だれ』

です☆



低カロリー&高たんぱくな鶏ささみを紀州南高梅が使われた特製だれで
さっぱり食べられるダイエット向けであり、且つ健康感溢れる商品だと感じます。
5/3から販売されているそうです。


※成分表※
熱量:113kcal
タンパク質:19.5g
脂質:1.3g
糖質:5.2g



⇒たんぱく質を約20g摂取でき、脂質が1.3gは減量メニューとして
 非常に優秀ですよね!!
 さすが、鶏のささみ様です^o^

きゅうりの歯ごたえも加わり、食べた感も心地よく満足度高かったです☆
リピート確実です♪

食事の献立に”もう一品何かほしい”と言う時きも役立ちそうですね。

太らない為に【自律神経】を理解する。

いつもご覧頂き誠にありがとうございます♪
日頃毎日から、効率良く体脂肪を燃やし、そしてダイエットを実現していく為には、
様々な工夫法がござます。

その内の一環には、
・起床後に素早く交感神経を刺激して代謝を向上さておく。
・入眠前にはしっかり副交感神経を刺激し、良質な睡眠を迎えられるようにしておく。

と言う2点がございます。


⇒私達のカラダは「交感神経」と「副交感神経」と言う
 2種類の自律神経が、24時間常にどちらがどのくらい優位かと言うバランスを考え
 一日の活動リズムを脳内で作っています。

■【自律神経】は、エネルギーを消費するモード。
 活発に体内の中性脂肪を分解して体内エネルギーを生成し、体脂肪が燃えやすい状態です。

■【副交感神経】は、エネルギーを整理・貯蓄するモード。
 日中に使い残した体内エネルギーを、各内臓や器官に生理整頓し、
 体内の修復や改善が活発な状態です。


▼そのような理由で、例えば、
 ・朝はベットでゴロゴロせずに、すっと起きて、日光に当たる。等
 ┗【自律神経】を迅速に活発にする。

 ・夜はストレッチをして日中緊張していた筋肉を解したり、
 睡眠中に概ね必要の無い栄養(脂質・糖質)などの摂取を控える。等
 ┗【副交感神経】優位をスムーズにを迎えるようにする。

このような朝晩のポイントで工夫が一つ有れば、
”メリハリのついた生活”=”自律神経と副交感神経”が明確になり、
自律神経が「今はどっち?(交感、副交感)」と迷う時間が少なくなります。

そのような理由を一つに、
例えば、「今日は一日中寝たり起きたり、食べたり、、、だったかな・・・?」
なんて日がエネルギー消費が如何に自然と少なくなってしまうか分かりますよね(><)

是非、日常生活から、
『起床時は、その後迅速に目を覚ます』
『入眠時は、余計な栄養(脂質・糖質)を体に入れておかない』

ご参考くださいませ★



カロリーだけじゃなく『栄養価』面も♪

いつもご覧頂き誠にありがとうございます♪
ダイエット中の方は特にかもしれませんが、
摂取総カロリーや糖質、脂質の摂取に意識を持たれている方が多いと思いますが、
その意識のあまり五大栄養素内のビタミンとミネラルが
不足しがちになっているケースもございますので、この点にも注意が必要ですね!

そんな時におすすめのシンプルなチョイスは、葉物野菜です!

お野菜全般にビタミンやミネラルが複数種類含まれますが、
葉物野菜の場合は糖質・脂質を極端に含まないことが多い為、
ビタミンやミネラルなどの重要な栄養素を摂取したい時には、
カロリーも抑えられて非常にお勧めの食材です☆

今回は特にメジャーな野菜を数点ピックアップ!
いずれも脂質糖質が少ない、減量向けの王道4種です♪

※ちらみにですが、こちらはほうれん草としらすのあえものです★
 先日わが家の食卓に出てきました。
 私の昔からの大好物です(^^;)



・ほうれん草
 ┗貧血の発端になる鉄分の補給、塩分過多による浮腫みの緩和作用のあるカリウム、
  ビタミンACはそれぞれ皮膚粘膜の保持に携わっていたり、コラーゲン生成などにも関与します。

・キャベツ
 ┗ビタミンU(胃や十二指腸などに対する潰瘍作用があり、消化作用を促進)、
  その他ビタミンCやk(血液の凝固促進や骨形成に有効関与)などが含まれます。

・レタス
 ┗葉酸(赤血球の形成、細胞生成や再生に関与)や、
  βカロテン(皮膚や粘膜の健康維持に関与)などが含まれます。

・ブロッコリー
 ┗カリウム、ビタミンC、鉄分、葉酸など広く保有。
  たんぱく質も葉物系野菜の中では多い方である為、特にお勧め野菜です。


⇒今回は上記の4種を例に挙げてみましたが、
 これだけでも十二分に有益な栄養素が伺えますね(^^)

この4食材は、ダイエット中にも非常に活躍するので、是非ご確認ください。

 

 

「成分表」を見る事が近道!

いつもご覧頂き誠にありがとうございます♪

本日は「成分表記」についての再確認の意味を込めましてご紹介させて頂きます。

■カロリーが高い食事→太りやすい
■カロリーが低い食事→太りにくい

は正解ですが、

カロリーを見た上で、是非「成分表」も併せて見て頂きたいです☆

同じカロリー量でも、その中にどのような栄養が詰まっているかで
太るか痩せるかは全く変わってきます。

脂質・糖質・炭水化物の表記が主な栄養素ですから、
この割合がどのようになっているかを確認する事が大切です(^^)

┗それぞれ1g、

●脂質は、9kcal
●炭水化物は、4kcal
●タンパク質は、4kcal

で熱量計算されています♪


⇒その為、カロリーの高い商品や食事は、まずは”脂質”の割合が大きい可能性が
 考えられます。「高カロリー≒脂質過多」の疑いを持ちましょう!

そして、同じく重要な点は、
『炭水化物とタンパク質』割をしっかり見極める事です!


どちらも1g4kcalで熱量計算される炭水化物とタンパク質ですから、
成分表を見ないと、どちらがどれだけ占めているのかがわかりません。



そのような事を考えて参りますと、
【たんぱく質>炭水化物>脂質】である商品(食事)が、

平均的に低カロリーで、ダイエットしていく上でも適正な栄養バランスになっていると思います☆

ご参考までに(^_^)

 

肉は肉でも・・・脂身はNG!

いつもご覧頂き誠にありがとうございます。

ダイエット中の方を始め、普段からタンパク質摂取を心がけて、
「肉類」を積極的に食されている方は多いと思います♪
その点はすごく良い事です!

その中でも、やはり「牛肉」は、人気が高いのではないでしょうか☆

しかし、注意しなくてはいけない点は、伴った脂質です。

⇒魚の脂質とは違って、肉類(牛・豚・鶏)の脂質は少しでも避けた方が
 健康的にも良いですし、カロリーカットに繋がります。

ですので、タンパク源と言えども、
目に見える部分での脂身は特にダイエット中は避けるべき”肉類”です。


▼先日テイクアウトで、夕食にステーキを食べようと思い、
こんなものを買ってみました!



「Tボーンステーキ」です♪



家に帰ってサイズを見たら、可食部だけで500gくらいはある?!
と思うビックサイズで、何とか二人で食べ切りました(^_^;)

しかし、この”可食部”には、骨以外として「脂身」が結構あり、
脂身は適度に控えましたが、脂身だけで100g?はあったかも?しれません(^^)。。。


つまりはどのような肉メニューであっても、
脂身を見出し、削ぎ落とし、控える事が重要と言う事です☆
肉類を食べる際は、しっかりと”脂質”面に気を付けましょう!

ご参考までに。




”日光”を浴びて睡眠中に備える!

いつもご覧頂き誠にありがとうございます。

運動の一環にと、ウォーキングなどがしやすい気温が続きますね!

身体を動かし、カロリー消費する意味でも、ウォーキングは役立ちますが、
同時に、大切な行為も実現しているウォーキングなんです!

その大切な行為は「日光を浴びる」と言うことです。

ダイエット(減量)において、何の意味が?と感じられる方も多いとは思いますが、
ダイエット中、食事を工夫したり、運動したり、頑張ってみるものの、
何となく夜入眠が悪い・・・
そんな方もしばしばおられるようです。

⇒寝ている時は、副交感神経が優位になり、体内では、
 日中に活躍した栄養やホルモン・酵素の体内整理を行いますので、
 睡眠時間が極端に短かったり、浅い睡眠が続いてしまうと、その行為が滞ってしまいます。

ですから、睡眠はダイエットと実は関係するんですね♪

日光を浴びるとセロトニンと言う、夜間に入眠を促進させるホルモン(メラトニン)の
原料になるホルモンの分泌が脳内で促される点も抑えておきたい体の仕組みです。

▼長引くコロナ渦で、外出を控える習慣が付いてしまった方もおられる様子です。
無意識のうちに、太陽の下にいる時間も短くなっているかもしれません。
一日30分で良いので、しっかり日光を浴びる時間を作って行きましょう。
健康的な生活習慣にも繋がります(^^)



※先日私も日光を浴びるためと、小一時間歩いたのですが、
太陽の周りに、不思議な円状の雲を見つけました(・・)
ダイエットは関係ありませんが、ウォーキングすると、
普段は発見しない事や物に出会うのでしょうか☆



【EMS】を惜しみなくダイエットに活用するために・・・

いつもご覧頂き誠にありがとうございます☆

本日は当店が専門的に取り扱っている痩身技術の一つ「EMS」について
お話しさせて頂きたく思っております(^^)
ご存知の方も多いとは思いますが、改めましてご高覧頂きましたら幸いです♪

【EMS】は、電気的な刺激を筋肉に与える技術の総称です。

その為、一口にEMSと言いましても、
技術を開発したメーカー単位で、刺激の強さやリズムなども様々です。

ですから、例えば「EMSコース」とお店にメニュー表記があっても、
上記しましたような違いに加え、施術の時間と施術箇所数も様々です。

もちろん施術時間はある程度長い方が良いですし、
施術箇所も多い方がカロリー消費量はあがります。

┗当店ではスタンダードは「8箇所、20分」ですが、
 お客様のご希望に合わせて、最大「24箇所、40分」までご準備しております♪

その他には、
低周波だけで設計されたEMSか、低周波と中周波で設計されたEMSかも重要です。
波調帯の違う電気刺激がある方が、広範囲を動かせますし、
特に中周波は奥に(深く)EMS刺激が届き、筋肉の伸縮もダイナミックなります。
消費カロリーも多くなりますし、よりダイエット向きです。


最後に、EMSを使う(施術を受ける)タイミングや体の状態もポイントです。

・タイミングは、適度に空腹状態である事。
 ┗空腹状態の方が、体内に余分なエネルギーが無い状態ですから、
  早期に体脂肪の燃焼が始まり、短時間で効果的なEMS使用が出来ます。


・お身体の状態は、出来れば体を温めた(温まった)状態です。
 ┗体が温まり血流が良いと、カロリー消費(体内の脂肪酸の消費)量も向上します。
  その為、お風呂上りや運動後などがお勧めです。
  また反対に、体が冷えている状態(起床後を含め)はあまりお勧めできません。
 

是非、EMSをご利用される際は、参考にして頂ければ幸いです。


※こちらは当店の低・中周波EMS♪
ワイヤレスで自由自在に施術がし易い(^^)


※足にも施術可能で、脚痩せを目指すサポートも☆
こちらの施術前にESP施術でお身体を温めて、効果的なEMS施術を目指しております。

 

超ヘルシーな○○○ステーキ!

いつもご覧頂き誠にありがとうございます☆
本日もダイエットにお役立て頂ければ嬉しい情報をお届け致します。

当店では”ラク痩せ”の実現を目指して、様々お客様のサポートをさせて頂いておりますが、
その上で、やはり【お食事面】での工夫が上手くいく事が、
「楽に痩せられている」と言う実感を感じやすいようです♪

昼食はコンビニのサラダチキン、夜は鶏胸肉とブロッコリーやホウレン草・・・

一日だけなら気合を溜めて、体内リセットの意味も含めて行えますが、
継続となると、厳しいものです><

⇒そんな時の為にも、
自分なりに、ヘルシーなメニューのレパートリーを 複数持てていると、
飽きずにダイエット食が続くものです。

本日もその1メニューの参考にこちら、

【エリンギのステーキ】


です。

エリンギをカットして、少量の油と、最後に醤油で風味つけをしただけですから、
低カロリーも維持てきていると思います。
ポイントとしましては、
エリンギに切れ目を付けて、見た目を工夫しているところです★
より美味しそうに見えますよね!

こちら、我が家の食卓で先日出て来たものですが、
最初私は食材が何か分かりませんでした。
お恥ずかしい。

初見ではホタテのソテーかな?と思ったのですが、
食べてみると、あれ?違う?
と”見た目”と”味”が一致せず、困惑しました(*^^;)

その後、エリンギである事を知り、そこから、
どんどんとエリンギの風味が口に広がりました(笑)
先入観は味にも影響することがあるみたいですね。(T_T)・・・
初回体験はこちら