「消化力」を高めて、「代謝」を上げる【ダイエット方法】

「ぽっこりお腹」や「二の腕のたるみ」などを「何とかしたい!」と感じてダイエットを考える方も多いでしょう。

しかし、一般的によく行われている食事制限や運動は成果が出なくて悩むことも少なくありませんよね。

そこで、食べたものを消化する「消化力の強化」から考えるダイエットをオススメします。

消化力を高める方法は簡単にできるうえに、ダイエット効果アップを見込めます。

そこで消化力の低下の原因と消化力を高める方法についてご紹介しましょう。

 

 

消化力の大切さ

消化力ダイエットは、食べた物ではなく、食べたものがきちんと消化、吸収されているかどうかに注目します。

消化力が高まると、食べたものをエネルギーの変換する能力が高まり、消費エネルギーがアップします。それだけでなく、筋肉の材料となることで筋肉量アップも期待できるでしょう。

 

 

消化力の低下を招く原因

早食いをすると噛むことが少なくなるので、消化においても時間がかかって胃腸の負担も増大します。

また、食べ過ぎると内臓にも負担がかかり、老廃物がたまったり腸内に食べ物が詰まって便秘になります。それだけでなくカロリーオーバーとなって肥満を助長します。

まずは、食べ過ぎないように腹八分目を心がけましょう。

 

また、水を飲みすぎるのも注意が必要です。なぜなら、胃酸が薄くなって消化力が低下して腸にも負担がかかってしまうからです。

さらに、疲れやストレスも自律神経のバランスが乱れて消化不良をひきおこします。

ダイエットのためにも体の負担を減らし、消化力を高めて健康的な体を目指しましょう。

 

 

体を温める

消化力を高めるには、まず白湯を飲むことです。白湯を飲むと体が温まるだけでなく、起床後に飲むことによって胃腸の働きが活発になり、便秘も解消されます。

さらに間食が減ったり食べ過ぎを防ぐことができるので、胃腸の負担も少なくなります。

 

 

よく噛む

とにかくよく噛んで食べると胃腸の負担が少なくなり、消化吸収も上手くいくので栄養がしっかりと吸収されます。1口につき30回噛むことを心がけてください。

そして一口食べるごとにお箸を置くことを習慣づけると、実践しやすくなります。

 

 

消化力を高める発酵食品や酵素を食べる

 

納豆、キムチ、みそなどの発酵食品は微生物の働きによって消化するエネルギーの負担が少なくてすみます。また腸内環境も整えてくれるという二重のメリットもあります。

一方で、大根おろしやレモン、キャベツは消化を促す酵素が多いので進んで摂取したいものです。

 

このように消化力を高めるダイエット方法は、運動や食事制限よりも実行しやすいのが大きなポイントです。

日常生活の中で少し意識と改善を加えるだけで比較的簡単に行うことができるので、健康促進のためにも是非取り入れてみてはいかがでしょうか。

初回体験はこちら